スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

egu氏とari氏のF1シンガポール

来た4000サクセス!
気が付いたら前回更新から一ヶ月以上空いていました。
この記事も10日以上前のものです。

先日、ベトナムよりegu氏が、日本よりari氏が遊びに来てくれました。
egu氏は前回と同じ理由、ari氏はもちろんフォーミュラ・ワン(F1)シンガポールを
観戦するためです。

まごまごしてしまいましたが、なんとか観戦チケットを手に入れ。
(エリア限定の歩いてみて回れるチケット)


サーキット入り口にて大行列に並び。
20110924F102.jpg

なんとか観戦まで漕ぎ着けました。
F1観戦シロートの私と嫁は、egu・ari両氏から指導を受けつつ観戦。
丁寧な解説付きでとても有意義な初観戦となりました。ありがとうございました。
20110924F103.jpg

少々場所を変えて観戦。この日は予選などが行われました。
20110924F104.jpg

この日(9月24日(土))の観戦終了。お疲れ様でした。
ご満悦な4名。
20110924F105.jpg

翌日、夕刻からF1の決勝がありました。
それまでの時間、セントーサ島などで遊びます。例の絶叫ゴンドラに乗って行きます。
20110924F106.jpg

セントーサに着いてまもなく、変なおじさんに声をかけられ、臆することなく
このような事態になったari氏。
あっという間に人だかりとフラッシュの嵐でした。
20110924F107.jpg

つづいてセントーサ島にあるアトラクションで遊びます。
お目当てのメガジップ(ターザン)は先の事故により運休中、、、残念、、
と思っていると何やら楽しそうなものが。
20110924F108.jpg

リフトに乗って上まで上がる途中。「うむ、間違いなく面白そうだ」。
坂道を利用したゴーカートのようです。
20110924F109.jpg

意気揚々と乗り込む4名。気分はコックピットでスタートを待つF1ドライバー?
20110924F110.jpg

やはり。F1ドライバー気取り。スピード狂の2名はさっさと見えなくなってしまい。
20110924F111.jpg

出遅れた他2名がユルリユルリと下っていきます。
でも、すげー楽しい。2回も乗っちゃいました。
20110924F112.jpg

さて、やってきました。F1二日目は決勝です!
20110924F113.jpg

決勝に進出したF1チームのドライバーによるパドックがありました。
20110924F114.jpg
20110924F115.jpg

この日の観戦場所はこんな感じ。
このコースの一番のヘアピンカーブ。それはマーライオン公園の目の前。
フラトンホテルの目の前です。レースもさることながら、周囲の夜景にもウットリ。
20110924F116.jpg

さすがに決勝。シロートながらも前日との迫力やテクニックの違いを肌で感じつつ、
あっという間の2時間でした。
20110924F117.jpg

フィナーレとともに海岸(ピット付近)から花火があがり。
20110924F118.jpg

マリーナベイサンズもF1カラー?にライトアップ。
20110924F119.jpg

ヘトヘトになりながらも2日間のF1観戦を大満足で終えた嫁さん。
20110924F120.jpg

終了後、帰ろうかと思ったら、どうやら実際のコースを歩いて移動できるらしいと分かり、
コースに入ってみます。
生々しいタイヤのあと、かすかに残るゴムの焼けた匂い。
20110924F121.jpg

その焼けとけたタイヤの破片を拾ったり、クラッシュして剥がれ落ちたパーツを
拾ったりしながら歩いて行きます。
20110924F122.jpg

押し寄せる人の波を掻き分け逆流し、目指すはピット。
残念ながらピットに入ることは出来ませんでした。そのチケットを持ってないため門前払い。
「来年はピット席」と強く誓うのでありました。
20110924F123.jpg

今回の戦利品たち。
1)F1チケット2日分、2)F1パンフレット、3)F1のクラッシュした破片
そして4)egu氏からのチケット代(旧札1100S$)
20110924F124.jpg
言い忘れましたが、今回の観戦チケットは全てegu氏のオゴリ。4人x2日分=8チケット
ゴチニナリマス(した)!

翌日は、早くも両名がお帰りになる日。egu氏は昼便でベトナムへ、ari氏は深夜便で日本へ。
その前にマリーナベイサンズの屋上から、昨夜までのF1コースを眺めなおします。
20110924F125.jpg
あ、私はこの月曜日会社サボりました。

egu氏を空港まで送り、ari氏とさらにF1コースを散策。
片付け途中のレーシングカーに乗せてもらったり、ピット内に潜入できないか試みたり。
20110924F126.jpg

さらにグッズショップを再再度物色したり。
20110924F127.jpg

せっかくだから多くのローカル食を食べたいとのことで、リトルインディアで本場?の
カレーを食べたり。
20110924F128.jpg

チキンライスを食べに行ったりと、ギリギリまでシンガポールを満喫?していただき
ari氏も深夜便で帰っていかれました。
20110924F130.jpg


F1はテレビで見るもの。その方が良い。と思っていた私の想像を超えました。
ただ立見席はキツイ。さらにぜんぜん回りを気にしない人種ばかりだから、そんな雑踏の
中で見るのはキツイ。
よって、来年は”ピット席”決定!
(TOTALの人間と仲良くなれば、さらに関係者限定エリアにも潜入出来るか?)

egu様、ari様、お疲れ様でした、そしてありがとうございました、そしてまた来年!



スポンサーサイト

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

スラマット ジャラン バリ

今年のハリラヤはいかがお過ごしですか?
去年は仕事が立て込んでいてあまり休暇を取った記憶ありませんが、
今年はちょいと早めに休暇が取れそうなのが分かったので、、、
(ハリラヤ:モスリムの正月にあたるもの)

スーツケースに荷物詰め込んで、隣の隣の隣の島まで旅行に行ってきます。
8月27日~8月30日の3泊4日の旅です。

過去最大に写真多いのでことば少なめにしますが、滅茶苦茶楽しかったです。


<8月27日>シンガポール~バリ

小雨降る中、これまた小っちゃい飛行機でシンガポールを出発。
朝9時発の便です。
20110831bali02.jpg

バリ・デンパサール空港着。昼前。とりあえず晴天なり。
20110831bali03.jpg

空港に着いてまずは足を確保。タクシーあっせん所的なところでタクシーを予約。
今回我々が泊まる宿のある”スミニャック”エリアまでは、タクシーで約30分ほどで、
70,000ルピア(700円)でした。
20110831bali04.jpg

このタクシーの運ちゃんと交渉して、翌日の観光のためのチャーター契約をしました。
12時間で450,000ルピア(4500円)。

ホテルはスミニャックにある、”THE SEMINYAK BEACH RESORT & SPA”という、
少々奮発したホテルです。
20110831bali05.jpg20110831bali06.jpg
20110831bali07.jpg20110831bali08.jpg

ホテルから直接ビーチに出れて、ばちゃばちゃ遊べるのが魅力の一つ。
20110831bali09.jpg

と思ってたんですが、波が強すぎてそれどころじゃない。
サーフィンポイントらしい、、、下調べ足りなさすぎ。。。
20110831bali10.jpg
この日は、ホテルでランチしてホテル内を散策、ディナーも近場で済ませました。


<8月28日>バリ島内カルチャー・観光

ホテル滞在の楽しみの一つ、朝食。
涼しいテラス形式のレストランでビュッフェでたらふく頂きます。
20110831bali11.jpg

前日の契約したドライバーさんは時間通り迎えに来ていました。
本日行きたい場所を伝え、観光スタートです。

まず、バロンダンスという喜劇的なダンスを見学。
これ頼んでないけど、おススメってことで無理やり見学。
20110831bali13.jpg

そして芸術の街ウブドでアート屋さん見学。
これ頼んでないけど、おススメってことで無理やり見学、および絵画購入。
20110831bali14.jpg

さらにウブドで、バティックと呼ばれるインドネシア特有の織物の工房見学。
これ頼んでないけど、おススメってことで無理やり見学。
20110831bali15.jpg
こちらは寺院を中心に見て廻りたかったのですが、親切心かマージン目当てか知りませんが、
これらに連れて行かれました。後で考えると”親切心”だったと思います。

そしてやっとお目当ての寺院巡りスタート。
1個目。バトゥアン寺院。なんで訪れたか不明。ガイドブックにも載ってない。
20110831bali16.jpg

2個目。キンタマーニ高原にある寺院。ウルン・ダヌ・バトゥール寺院。
こちらはヒンズーと仏教の二つの社を持つ寺院らしい。
標高1700メーター以上と高いため雲がかかって幻想的でした。
20110831bali17.jpg
どの寺院でも、サロンと言われる腰巻的なものを付けさせられます。
20,000ルピア(200円)くらいでお布施のつもりで払いましょう。

キンタマーニにあるレストランで昼食。バイキングです。
20110831bali18.jpg

こちらのレストランはキンタマーニ高原を一望できることで人気のあるレストラン。
20110831bali19.jpg

確かに眺めは良い。が、曇りがちで少し残念。
しかしガイドブックの写真を見ても曇りの写真だったので
もしかしたら万年曇りなのかもと思いました。
20110831bali20.jpg

キンタマーニを後にし、今度はあの有名なコーヒーを最高のロケーションで
味わえるカフェがあると言うので、、、
20110831bali21.jpg20110831bali22.jpg
20110831bali23.jpg20110831bali24.jpg
そう、コピルアックです。ジャコウネコの食べた実(美味しい実を嗅ぎ分けてる?)が
糞となって出たもののみを使用したコーヒー。
現地でも一杯60,000ルピア(600円)の高級品です。

そして市街にもどる道すがら、トゥガラランにある”ライス・テラス”と呼ばれる
段々田んぼ(棚田)に立ち寄り、今日一日で一年分の森林浴をした感じです。
20110831bali25.jpg

その後、とあるイベントまでの時間つぶしに公園を散歩したり。
20110831bali26.jpg
20110831bali27.jpg
日曜の夕刻、家族で団らんする人たち、スポーツを楽しむ人たち、仲間で語らう人たち、
さまざまな人が公園で憩いを楽しんでいました。

ちょうど日没の時間。バリ時間の18時過ぎくらい。
インドネシアらしい風景の向こうに沈む夕日にウットリ。
20110831bali28.jpg

とあるイベントとは、これ”ケチャダンス”です。
ストーリー性(よくある王子が悪魔にさらわれたお姫様を奪還する話)のある内容で、
日本語の解説書をもらったので、よく分からないまでもけっこう楽しめました。
20110831bali29.jpg

ケチャを披露してくれた人たちと記念撮影。
20110831bali30.jpg

まだまだ終わりません。
最後は夕食。海岸沿いというか砂浜に作られたレストラン。
波が凄まじー音と波しぶきを立てている真横で海鮮を喰らいます。
20110831bali31.jpg20110831bali32.jpg
20110831bali33.jpg20110831bali70.jpg
自分で魚や貝やエビおよび調理方法を選ぶ方式。ムズイけど旅の醍醐味です。
中には日本語を話せる人もいますし。


<8月29日>シュノーケリング・観光の続き

ドライバーさんと追加契約して、この日は朝からシュノーケリングへ。
”ヌサドゥア”と言われるマリンスポーツが盛んな地域。
20110831bali34.jpg20110831bali35.jpg
20110831bali36.jpg20110831bali37.jpg

シュノーケリングを楽しんだ後、”ジンバラン”エリアに向かう。
嫁さん大好き、”JENGGALA”というバリ発の食器屋さんの本店へ。
ランチも出来ます。
20110831bali38.jpg20110831bali39.jpg
20110831bali40.jpg20110831bali41.jpg
当然シンガポールにあるお店より安く、品ぞろえが半端ない、と無茶買いする嫁。
飛行機で持ち帰るように厳重に梱包もしてくれる(有料)。

続いて前日に回りきれなかった寺院3個目。
タマン・アユンという一番行ってみたかった寺院です。
この何重にもなった塔は”メル”と言われるそうで、ここにある11段が最高だとか。
20110831bali42.jpg

夕暮れが近づく頃、最後になる4個目の寺院。タナ・ロット寺院。
この岸壁にある寺院に、めちゃくちゃ人が集まってきてる。
20110831bali43.jpg
20110831bali44.jpg
皆この夕日目当て。これだけ大勢で夕日を見たの初めて。

この日は早めに切り上げホテルへ帰る。ホテルからまぁまぁ近いとこで夕食。
”THE JUNCTION”と言うオサレカフェ的なところで。
20110831bali47.jpg

オサレだったんだけど、暗すぎて食べ物の写真は良いのが撮れず。
雰囲気良いし、美味しいし、値段もとってもリーズナブル。おススメ。
20110831bali46.jpg


<8月30日>買い物・もう帰る日

ホテルチェックアウト前に名残惜しくホテルのビーチ散策。
20110831bali48.jpg

最後にショッピングを楽しもうと、”レギャン”と”クタ”エリアへ。
雑貨屋さんやファッションショップが多く立ち並ぶお洒落エリア。
でも本当に寺院や宗教的な建造物が多数。なんかすごい。
20110831bali49.jpg20110831bali50.jpg
20110831bali51.jpg20110831bali52.jpg
犬を好きな人が多いのと、番犬として飼っている人が多いようで、
街中にもノーリードのワンちゃんが沢山。

こちらなどは屋上に社的なものを備えたコンビニ。すげぇ。
20110831bali53.jpg
各家庭に最低2か所礼拝する社があるそうです。

女子なら泣いて喜ぶ雑貨屋さんたち。
当てもなく(あるらしいが)お土産を買い漁る嫁。いくら安いからって。。。
20110831bali54.jpg
20110831bali55.jpg

クタにある、2002年テロ犠牲者の慰霊碑。日本人も2名犠牲に。
悲しすぎる過去をもつバリの一面。
20110831bali56.jpg

バリでもやはり行きたいスタバ。クタ・ビーチの近くにあります。
一番天気が良かった最終日、さすがに歩き回って喉カラカラです。
20110831bali57.jpg

今度こそ最後になる、バリのビーチ。クタにある人気のクタ・ビーチ。
天気も良く、これぞビーチだぜ、と言う感じです。
20110831bali59.jpg20110831bali60.jpg
20110831bali61.jpg20110831bali62.jpg
”割れ門”と言われる特徴ある立派な門もこれで見納めか。

最終日も、結局同じドライバーさんと追加契約。チェックアウト後に荷物を預って貰うので
それなりに信頼が必要。このドライバーさんは当たりでした。バリに行く予定の方、紹介しますよ。

帰りはジャカルタ経由する便。バリ国内線から出発です。
20110831bali63.jpg20110831bali64.jpg
20110831bali65.jpg20110831bali71.jpg

バリ最高峰のアグン山と言う3千メーター級の山も綺麗に見えました。

ジャカルタにて3時間ほどダラダラ過ごし、シンガポール行きの便へ乗り換え。
20110831bali66.jpg20110831bali67.jpg
20110831bali72.jpg20110831bali68.jpg
奇しくもこの日はモスリムの元日にあたる日。機内食のケーキも特別仕様。

シンガポールに戻りお土産の整理。お互いのスーツケースの半分はお土産。
プラスJENGGLAの段ボール1箱。どーすんだ?これ。
20110831bali69.jpg


さて、夢のような4日間も終わり。明日からまた頑張る活力を養えたでしょうか。
活力は養えても、この体力の衰えは死活問題だな。
一年の計は元旦にあり!体力作り、ダイエット、貯金など改めてガンバリマス。



テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

エグの星

エグ氏の来星72時間日記です。
ベトナム出張中のエグ氏、ビザの関係でベトナム国外へ出ないとならないとのことで、
週末を利用してシンガポールへ遊びに来てくれました。


そんなこんなで、去る8月6日にふらーっと現れたエグ氏。
シンガポールの空港に迎えに行き、その足で懐かしのバタムの地へ。
久しぶりのヤードを眺め、感慨深そう。


新しくなったバタム島のSEKUPANG(スクパン)フェリーターミナル。
ここも思い入れがある模様。
20110813egu02.jpg

数時間のバタム滞在から戻り、ネオン煌くシンガポールの町で夕食。
肉嫌いのエグ氏と野菜嫌いの私、困った二人は安易にパスタで決着。
20110813egu04.jpg

2日目、シンガポールを薄ーく案内。
エグ氏たっての希望で、真っ先にマリーナベイサンズへ向かいます。
が、とっても嫌ーな雲が立ち込める中、案内スタートです。
20110813egu05.jpg

やっぱり降りました。あの雲じゃそりゃそうだ。
途方に暮れるほどのスコールです。
20110813egu06.jpg

とりあえずマリーナベイサンズを一時的に諦めて別の場所へ移動。
雨でもまぁまぁ楽しめそうなオーチャードでフフフンッとショッピング?って柄でもないけど。
(と言いながらも私の買い物にエグ氏を付き合わせる形になっちゃいましたが)
20110813egu07.jpg

さて昼飯。例によって肉嫌いだから、、、とあれこれ思慮していると、
意外にも「カツ丼が食いたい」と、エグ氏。え?それって肉料理の体表選手じゃ?
まぁ気にせず、カツのおいしいお店へ。
20110813egu08.jpg

肉食系男子と女子、腹も膨れたので、少し運動を。
とメットと肘プロテクター付けて、転げまわる気満々の様子。
セントーサ島へ移動し、とある用具で遊びます。
20110813egu09.jpg

そう、セグウェイです。
こんなんで出勤出来たら最高!、とご満悦のエグ氏。
20110813egu10.jpg

ちょっと開けたところに出て、テンション上がりまくりの現役少年達。
セグウェイ良いっす。
20110813egu11.jpg

と、このとおり天気も回復した模様で。
満を持してマリーナベイサンズへ舞い戻りました。
20110813egu12.jpg

よく晴れて眺めも良しです。
20110813egu13.jpg

必死に手を伸ばして外の風景を撮るエグ氏を必死で撮る私。
写真見るだけで足すくむ。
20110813egu14.jpg

この旅で唯一エグ氏が「行きたい」と明言していたマリーナベイサンズを制覇し、
やり遂げた感のあるエグ氏。
20110813egu15.jpg

そんなエグ氏、「で?」と聞いても行きたい場所が尽きてしまい。
では私の独断で、足の裏臭いバスでチャイナタウンへ向かいましょう。
20110813egu16.jpg

チャイナタウンに到着。相変わらずゴミゴミ。ゴミ臭い。でも、
あの足のニオイに比べたら、トイレの消臭剤ぐらい良いにおいのする町。
20110813egu17.jpg

チャイナタウンの目的はコレ。マンゴーカキ氷。
急に気温が上がって乾いた喉を潤してくれます。
20110813egu18.jpg

さて、最後の夕食は。やはり、ディンタイフォン(鼎泰豐)。
出張で台湾へしょっちゅう行ってるエグ氏にはディンタイフォン本店に行くチャンスも。
行ったらレポートください。
20110813egu19.jpg


なんか天気も手伝ってとっても手抜きの観光案内になっちゃいましたが。
それはそれでエグ氏らしいと思いました。
エグ氏は3日目の朝、一人MRT(電車)で空港へ向かいました。見送れなくて申し訳ない。
それはそれでエグ氏らしいと思いました。
またふらっとやって来てください(もう少し行きたい場所を下調べして(笑))



テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

打合せ先の会社社長さん

おめぇ、素っ裸で人の車によっかかるんじゃねぇ。

先日、打合せ兼検査に行ってきた会社の社長さん(らしい)。
着くなり、「おー待ってたよ」と上半身素っ裸で現れた。
どこのおっさんかと思ったら社長さんでした。

でも、意外に、いい仕事、してました。


よく上半身裸で仕事したり過ごしている人を見るけど、その理由を推測するに
1)涼しいから
2)仕事で汚れちゃうから
3)遺伝子的に男子は上半身裸だから
4)他
どれでしょうね。

久しぶりにカルチャーショックを受けました。


テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

カイテキ生活 続

何かと小さい物好きな私。
バタムで使っているパソコンも、ソニーのTypeUという、本当にパソコンか?
という代物です。この小さくて、使い勝手が悪いところを逆に工夫して使うのが好き、
とでも言いましょうか。


で、このちっさいパソコンを少しカイテキ化しました。
パソコンの画面と音声をホテル備え付けのTVに映しただけですが。
20110714kaiteki01.jpg
(最近まで古ーいブラウン管TVでしたが、液晶に変わりました)


ホテル帰ってもやる事ないし、ボーとしてると仕事のこと考えちゃうし、
と言う事で、時間さえあれば日本からコピーしてきたDVDを見てます。
というか子守唄代わりに毎晩寝ながら見てます。
見飽きたDVDを見ながら、それでも新しい発見を楽しみつつ、気が付いたら朝、という具合です。
これをカイテキ化するためにプロジェクター(100,000円)まで買おうとした程です。
(途中で、バカ過ぎる、と思い止まり、TVに接続するケーブル(1,250円)で済みました)


今までちっさいパソコンで映画見るために、横向きになって寝ていましたが、これにより
仰向けで寝ることが出来るようになりました。小さな幸せゲットです。


テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。